よかった、携帯電話が壊れてくれて

わたしのはじめての人妻とのセックスの体験です。

ある日、やっと携帯電話が壊れてくれました。

スマートフォンが手に入る。これは私にとってすごくうれしいことでした。

家のパソコンは据え付け型。家族と共用で、普段は子供が占領してしまっている。

そこに私専用のパソコンをといったところで、なぜという話になってしまう。さすがに私の少ないお小遣いでは、自分専用のパソコンはちょっと難しい。

とはいえば、携帯電話であるが、これも変える必要がなかった。

お小遣いの問題があったけど、スマホにしたい理由は家族には言えない。

大蔵大臣の許可を得るためには、それなりの理由が必要でした。

そして、念願がかない携携帯電話が壊れてくれました。

これでやっと、私の目的が達成できる。

私の妻は、結婚して出産後は、一直線におばちゃんへと変貌を遂げてくれた。

性格もきつくなったのはまぁしょうがないとして、か細かった体は、日ごろの訓練の結果、まるまると肥えて、昔の面影は全くない。寝てる姿はトドそっくり。

こんな状態で、性欲なんて掻き立てることは不可能だ。

とはいえ、私は男。定期的に溜まるものは出さないといけない。

とはいえ、か細い私のお小遣いではそれも自由にままならない。

そうスマホは、この問題を解決するために必要なものだったのだ。

スマホになって、すぐに出会い系サイトに登録。既に家族の目を盗んで、出会い系サイトの下調べは済んでいた。

携帯ではメール打つのも厄介だったのです。

スマホであれば、多少は大きいのでどうにかなります。

こうして、アプローチしたうちの一人が順調にやり取りを行うことができました。

向こうも40歳の人妻で、状況的には私と同じ。

旦那が、お相撲さんへと変化して、男としての魅力を感じていないらしい。

状況が全く一緒なので、悪口で一致団結。

そこから、急に進展して、会うことになりました。

会って本当によかった。妻のようなトドではない。

年齢相応だが、ちゃんと女としての努力をしている。

あぁ、妻もこういう風に年をとってくれていればと思うのだが、この場は、楽しむことに専念します。

そういう向こうも状況は同じ。結構やり取りを行ったせいか、すぐに目的は察することができ、どちらとも言わずに自然にホテルへ入っていく。

お互い配偶者を持つ身であるが、性的欲求が果たせないのは同じ。

その不満を一気にホテルでぶつけ合いました。

正直言って、年をくった体では体力的にはきつかったが、かなり頑張った。そのため、体は非常に疲れたが精神的には大満足。彼女もベットの上で、恍惚の表情を浮かべている。きっと、彼女も私と同様の感想なのだろう。

こうして、スマホを手に入れた私。初回で、見事うまくいったため、現在、二匹目のどじょうを捕獲すべく、日々スマホに真正面から向かい合い。精進している。

よかった、携帯電話が壊れてくれて。

コメントを残す