経験談!女性が返信する気も起らない男性からのメールとは

出会い系を利用している女性は、その時だけの遊び相手を探しているように思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、女性が出会い系を利用する理由も様々です。その時だけの遊び相手を探している女性もいれば、飲み友達や食事に行けるような友達を探している女性もいれば、いい人が見付かればいずれ結婚したいと思われている女性もいます。

出会い系を利用していてもそれぞれの女性にそれぞれの目的があり、皆、本当の人間なのです。出会い系には軽い女性や女性を装った業者もいますが、出会い系を利用しているからといって、軽く考えてはいけないのです。

今回は、女性から見て、返信する気も失せるメールがどんなものかお話します。

1.何度もメールをくれるが、毎回同じ内容のメール

業者のような女性から何度も同じ内容のメールを受け取ると、「コピペかな?」と思われたことのある男性もいらっしゃるかもしれません。これは、女性でも同じことを感じます。最初に「はじめまして!」と男性からメールが来ても返信せずにいても、またしばらくして同じ男性から「はじめまして!」と同じなようのメールが来ると怪しいと感じますし、コピペをしてログインしている女性に片っ端から数打てば当たるかのようにメールを送っているように思えるので返信する気もなくなってしまいます。

2.性癖を延々と書いてあるメール

出会い系ですから肉体関係を持つ相手を探している人がいても不思議ではないと思っていますし、そうした目的の方からメールを受け取ることもあります。しかし、そうした目的の方の中には、書き出しこそ丁寧な自己紹介であっても途中から自分の性癖について書き始め、「あなたに●●をしてみたい」などと自分の性癖による妄想まで書かれていると、気味が悪くなってきます。偶然にも受け取った女性が同じ性癖で同じ目的の方なら上手くいくのかもしれませんが、そうではない目的の女性からしてみれば返信する気なんて起こりません。

3.自己紹介もなく、文章が極端に短いメール

出会い系で気になった相手にメールを送られる時には男女どちらも自己紹介や目的、相手の自己紹介を読んで仲良くなれそうだと感じた点などをメールに盛り込みますよね。そうしたメールを送れば、相手も自分と合いそうな人かどうか判断しやすくなるので、返信をもらえる確率だって上がります。しかし、たまにいらっしゃるのですが「初めまして。●●在住です。よろしくお願いします」のように、極端に短い文章のメールを送られる方がいらっしゃいます。こうしたメールをもらっても、自己紹介ページの方に何か記載があれば返信も考えるのですが、自己紹介ページにもメールと同じように「よろしくお願いします」くらいしか書かれていないと、何を目的とされているのかさっぱりわからないので返信する気も起らなくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したのは、全て本当に私が受け取ったことのあるメールの話であり、わたしはこれらのメールには返事をせずにいます。また、今後もこうしたメールには返信する気もありません。女性から返信が欲しいと思われている方は、メールを書く時の参考にして頂ければ幸いです。

出会い系を利用する女性はどうやって男性を選んでいるか

出会い系を利用する女性はどうやって男性を選んでいるか出会い系を利用する女性は、どうやって男性を選んでいるか気になりませんか?

出会い系には住んでいる都道府県、出身地、血液型、身長や体重、趣味、目的など自己紹介ページに記入できる情報も沢山あります。また、出会い系ではプロフィール画像を設定することも出来ますし、サイトやアプリによっては複数の画像を掲載することも出来ます。

これらの情報の中で、女性は自分と合いそうかどうかを判断するのですが、女性はどの項目を重視していると思いますか?

女性が見るポイントは、女性によって異なりますが、今回は、男性を選ぶ際に見ているポイントをお話します。

1.プロフィール画像の有無

ネット上でのやり取りでも顔が見えないと不安な部分もあるので、私はプロフィール画像のある方しか関わっていません。プロフィール画像に写っているのがマスクや手、スマホを使って顔の一部を隠した写真であっても、何となく雰囲気はわかるので、顔が一部しか映っていないのは問題ないと思っています

2.プロフィール画像の種類

プロフィール画像があっても、画像の種類によっては返信したくないと思ったり、自分からメールを送らないでおこうと思ってしまいます。まず、特に若い男性に多いのですが、自撮りのキメ顔写真の方があまり良い印象を受けません。次に、ミドル世代に多いのですが、バスローブ姿でワイングラスを片手にしているような、どうやって撮ったのか不思議になるような写真です。こうした画像の場合は、画像があっても関わろうという気が失せてしまいます。

2.掲示板の投稿頻度と内容

出会い系によっては掲示板機能もあります。女性は利用無料でも、男性はメールを一通送るのにもポイントが必要になってしまうため、掲示板に書き込みをして女性からのメールを待つというのもポイント節約のための一つの方法でしょう。しかし、毎日のように同じ内容の書き込みをしている男性を見ると、「出会っても少し気に入らないだけで関わるのをやめたりするような人なのかな?」と思えてくるので、掲示板に同じ内容で頻繁に書き込みをしている男性は避けます。しかし、掲示板に何度も書き込みをしていても毎回違った内容でユーモラスに友達探しをしている旨を書いている男性を見ると、掲示板の書き込みの頻度が高くても悪印象は受けません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私の場合は、男性の自己紹介ページに書かれている内容だけでなく、プロフィール画像の有無と画像の種類、掲示板への投稿頻度と内容も判断基準としています。女性からなかなか返信がもらえないと感じている男性のお役に立てたら幸いです。

出会い系を利用している女性の職業とは?

ここでは、出会い系サイトを利用している女性の職業を検証してみました。

「出会い系を利用する=日頃から出会いがない」という人女性が大半です。

そこには普段の異性との関わり合いがない職業が浮上しました。

プロフィール欄をチェック!

出会い系サイトを複数検証したところ、比較的多い職業が明らかになりました。

それは女性のみの職場になっている職業。

具体的には、

  • 看護師
  • 歯科助手
  • 歯科衛生士
  • エステシャン
  • アパレル店員
  • コスメ店員

などです。

どうしても日常生活で出会いがないため、何か行動を起こさないと出会いが生まれないと考える女性も多いです。

日頃から男女比率の同じぐらいの場所に身を置けば、出会いに発展するというケースもあるでしょう。

しかし同性同士の場合だと、なかなかそうもいきません。

特に仕事場ではプライベートと切り離して考えたいという女性も多いですから、仕事仲間を誘って合コンに行こうと考える人は非常に少ないです。

ターゲットを絞る!

看護師やエステシャンなどの女性をターゲットとして、日頃から豆知識を勉強しておくと、女性を落とせる確率も高まりますよ。

例えば、

「看護師は交代制で夜勤もあるので大変ですよね。」

「看護の仕事なのに高齢者ばかり相手にすると、介護のような仕事も増えるので、思い描いた仕事とは違うケースもあるんじゃないですか?」

「エステシャンは同性ばかりの職場なので、敵を作らないように日頃からストレスがたまるんじゃないですか?」

このように職業に合った知識を伝えて、相談にのれるような会話をすれば相手の気を引くことができます。
また、こういった職業の女性は必ずしも土日休みではないので、平日から会うことも可能です。

週末や土日祝日はどうしてもネット利用者が増えますから、逆に平日こういった職業を女性を狙うほうがチャンスです!

警戒心を解いて褒めまくろう!

同性の多い職場で働いている女性は、異性から褒められたり、積極的に会話されることに慣れていません。ちょっとオーバーなぐらいに褒めたほうが女性も喜びます。

「なんでこんなに可愛いのに出会いがないの?」

「こんなキレイなら彼氏いそうなのにね」

「こんな綺麗な女性が出会い系で見つかって、めちゃくちゃラッキーです!」

「普通に街中に歩いていてもナンパされるでしょ?」

などと女性の気分が高揚するようなことを伝えて、気を良くしてあげましょう。ぶっちゃけ、平日暇にしている女性を相手にしたほうがレストラン、カラオケ、ホテルなどが安上がりで済みますからね。