女性が出会い系を利用するメリットを知ると成功率アップ!

mail_woman出会い系サイトを利用する男性でも、そのサイトのイメージは様々でしょう。中には出会い系サイトを利用する女性に対してネガティブなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、出会い系サイトを純粋に利用している女性もいる、そんな女性と出会う成功率を上げる方法を紹介しましょう。

女性は基本無料で男性を選別している

男性会員は出会い系サイト内で最初の方は無料ポイントがあるものの、お金が掛かってしまいますよね。それに対して女性は無料のケースが多いです。

そこで、女性は無料で男性との出会いの場、コミュニケーションの場が提供されることになります。少しの優越感もくすぐった感じがしますが、女性には魅力的なものです。「婚活までは考えてないけど…。」なんて女性も出会い系はハードルが低いものなんですね。真面目な女性は出会い系サイトでも男性を見る目はシビアと言えるでしょう。なので、ネガティブな考えで女性を見るのはNGです。

怯まずきっかけを簡単に作ってみる

女性だって出会いが無いから出会い系サイトに来ています。職場など普段の生活ではなかなかいい出会いもないから出会い系サイトを利用している女性も多いんですね。そこで、出会い系ならば男性の数が多いので、簡単に出会えるというメリットがあります。出会い系サイトの比率は男性の方が多いので、出会いを求める女性にはとても便利なんですね。

何より日常生活の中で恋愛をすることで、しがらみが邪魔をするものです。そういったしがらみがないのも女性にはいいポイントなんです。軽い気持ちでも、真面目でも、非日常を味わいたい女性をゲットできるチャンスが転がっているんだと思ってきっかけを作りましょう。結構簡単なものです。

内面重視の女性も多く存在する

例えば、見た目に自信のない方でも出会い系なら素敵な女性に会えるチャンスがあると言えます。合コンなどの席では短期勝負が要求されるものです。中身をアピールするにはあまりにも時間が短すぎます。

それは、男性だけの話ではありません。女性だって同じ事です。逆に派手に見られて変な男しか寄ってこないという女性だっているんです。出会い系では顔が見えない期間が長い分、内面を重視している女性が多いでしょう。内面をアピールする、時間をかけて恋愛をする女性が多いのです。外見に自信がなくても、女性はしっかり男性の中身を見てくれます。

どうしても女性が選択権を持っていると思われがちな出会い系サイトですが、真面目な恋愛をしたい女性も多いのです。遊び目的の女性が多い、冷やかしが多いと悩まないでくださいね。ちゃんと前向きな出会いを求めている女性にヒットすることもあるんです。いい出会いを逃さないように、しっかり女性を見極めましょう。

出会い系サイトに居る女性で気をつけたいタイプ!

出会い系サイトを利用していると様々な女性に遭遇することも多いのではないでしょうか。純粋な出会いを求めている女性も居れば、少しエッチな女性もいます。それは出会い系サイトなので問題はありませんが、中には少し変わった女性も存在します。ここでは、出会い系で気をつけたい女性のタイプを紹介していきましょう。

悪ふざけだとあからさまに分かる女性

女性は婚活サイトなどの自分もお金を出しているサイトではないので、中には悪ふざけをしている女性も存在します。男性がまじめにメールを送ったとしても、

「今どんな格好してるのか写真送って欲しいな!」

など、本当に写真を送っても返事が来ないなどからかう女性も残念ながら存在します。真面目な女性もいる中で本当に迷惑だなと思いますよね。そんな女性のせいで、普通の女性まで疑ってしまう男性もいるでしょう。

対策として、そういった女性はサイト内なら拒否やブロックなどが可能です。写真も転用出来ない出会い系サイトがほとんどですので、そういう女性だとわかった際はブロック→通報が一番の得策です。また、アカウントを複数持つ事が不可能なサイトではなければ、写真、プロフィールなどもしっかり把握しておくといいでしょう。

キャッシュハッカーは厄介な存在の女性

大手の出会い系サイトにはサクラは存在しません。昔の様に通信費を負担などということが無くなったからです。しかし、ポイントを換金出来るシステムが金額は大幅に減っている中でもあるのは事実です。中にはお金ではなく、商品に変える事ができるサイトもあります。

そういった少しのポイント目的にランダムに男性にメールを送る一般人の女性も居ます。サイト側もそういった女性をキャッシュハッカーと呼んでいるのですが、あくまでも一般人なので対処しにくいのが現状です。無駄なメールのやりとりが続くようでしたら少し疑って、メールを辞めるのも手段ですね。

業社の情報収集のために女の子を使う

女性には間違いないが、スムーズにアドレスや電話番号の交換をしてくれる女性には注意が必要です。後日、マイナーな出会い系サイトからの広告メールがどんどん入ってくることもあります。そういった女性の特徴は、特に会話もなく電話番号などの個人情報を聞き出そうとします。どれだけ好みでも、できるだけサイト内で最低限度のお互いの情報交換をすることをおすすめします。

女性は無料というのが謳い文句の出会い系サイトです。中にはそういった悪ふざけ的な女性もいるかもしれません。しかし、男性次第ではどうだって出来るんだという強い気持ちを忘れないで下さい。
またしつこい輩などは無視が一番です。関わり合いたくないなら余計な労力は使わずに、前向きな出会いを求めましょう。

出会い系サイトに自己PR文を載せる際のコツ

出会い系サイトで、素敵な女性と知り合いたいアナタ。その目的は何でしょうか? 暇つぶしに時々、女の子と遊ぶことですか?それとも、いずれは結婚まで見据えられるような真剣なおつきあいをすることでしょうか?

どんな出会いを目的としているかによって、当然、サイトに載せるプロフィールや自己紹介文の書き方は変わってきます。

まずは、自分の目的がどちらなのかをハッキリさせた上で、以下の記事を参考にしてみてください。

気軽に遊んでくれる女性を見つけたい場合

気軽に遊んでくれる女性を見つけたい場合の自己PRの書き方は、それほど難しくありません。この場合は、自分の気持ちを素直に書いてしまって大丈夫です。たとえば「暇なので、◯◯近郊で今すぐ遊んでくれる女性を探しています。いいよ!って人は、こちらに連絡をください」程度で充分でしょう。

誠実さを匂わせる必要もありませんし、安全であることをやたらと強調する必要もありません。むしろ、ノリの良さやフットワークの軽さを全面に出した方が、同じ波長を持った女性が寄ってきてくれます。

また、このケースの場合、写真は、みんなで旅行へ出掛けた時のものや、同性の友達と撮ったプリクラなどを用意するのがベストです。友達が多く、人生をライトにエンジョイしている感を出すのが良いでしょう。もちろん、友達の写真をネットにアップする際は、必ず許可を得るか、顔をハートマークで隠すなどの加工をしてあげてくださいね!

真剣に交際できる相手、未来のお嫁さんを探したいという場合

さて、問題は出会い系サイトで、真剣に交際できる相手、未来のお嫁さんを探したいという場合です。いずれは結婚までしたいと考えているのに「暇なので遊びましょう」的なスタンスを最初から取ってしまうと、「軽い人」という印象を抱かせてしまい、後々になって真面目な交際を申し込んだ際に、拒否されてしまう可能性があります。では「結婚を前提に、真剣にお付き合いしてくれる人を探しています」と正直な気持ちを書けば良いのかというと、これでは逆に出会い系サイトにそぐわない「重さ」に、女性が敬遠してしまいます。

軽くても重くてもいけないだなんて…難し過ぎる!と思うかも知れませんが、コツさえ覚えてしまえば簡単です。まず、どんなに真剣な気持ちがそこにあったとしても「結婚」の2文字を掲載するのは控えておきましょう。どうしても相手に「結婚」を意識して欲しい場合は、比喩を使うことをオススメします。「結婚」と、直接的な言葉は書かずに「お互いを永く思い合っていける関係」「ずっと一緒にいて癒されるような関係」と、遠回しに書くのです。

このことを大前提とした上で、相手の気持ちを掴む自己PR文の書き方についてお伝えしていきますね!

自己PR文の書き方

真面目なお付き合いができるような相手を探しているのであれば「友達」「友人」という言葉を上手に使ってください。「気の合う友達を見つけられたらいいな、と思っています」「趣味の話で盛り上がれたり、悩みを相談しあったりできるような友人を探しています」というように、あくまでも「友達」を探しているのだというスタンスで書き始めるのです。

ただし、このまま最後まで書いてしまうと、「なんだ…、ただ友達を探してるだけなんですね?」という誤解を抱かせてしまいかねませんので、ここから大事な一言を付け加えていきます。そのフレーズとは、「もしフィーリングが合えば、そこから恋人同士の関係に発展したり…なんてことがあると嬉しいです!」ズバリこれです。これで、本当は「友達」ではなく、真剣に交際できるような「恋人」を探しているのだということを、暗に理解してもらうことができます。

この時、決して偉そうな書き方にならないよう、充分に注意してくださいね!「波長が合いそうな人とは、付き合ってもいいかなと思っています」なんて書き方は、論外です!「波長が合ったら、恋人として付き合いましょう」程度の言い方ならOKと思ってしまうかも知れませんが、これでもまだまだ偉そうに聞こえてしまいます。この書き方だと「恋人として付き合っていくどうか、なんでアナタに決定権があるわけ?」と思われてしまう可能性があるからです。

友達同士の関係から、いずれは恋人同士に関係性を発展させて行きたいというアナタの希望を伝える際には、恋人になれたら「嬉しい」、あるいは恋人のような関係になっていけたらと「願っています」と書きましょう。あくまでも「そうなれたらいいな…」と思っていることのみを、低姿勢で書くことが重要なのです。

さらに、アナタと友人になると、どのようなメリットがあるのかを魅力的にアピールできたらパーフェクトです!「パソコン関係にはけっこう強いので、困ってることがあれば助けられると思いますよ!」とか「ライブに行ったり、映画を観たりするのが好きなので、一緒に楽しみましょう!チケットを取るのは得意なので、希望さえ伝えてもらえたら、あとは僕が用意します」というように。困った時に助けてくれたり、面倒なことをやってもらえたり…、自分がエスコートしてもらっているイメージを抱くことができると、女性はその相手に対して好印象を抱きます。

ただし「僕は面白いですよ!」と書くのはNG。これだとハードルが上がってしまいますし、そもそも、本当に面白い人は、こういった場面で自分のことを「面白い」と簡単にアピールしたりしません。もし、面白いことが取り柄だと思うのであれば「芸人を目指していたことがあるので、話をするのは好きな方です」などと書くのがオススメです!

以上、出会い系サイトに自己PR文を載せる際のコツについてお伝えしてきました。是非、参考にしてみてくださいね!

男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータとは

ここでは男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータを紹介します。

その2つのデータとは、「告白人数」と「ネットでの出会いの割合」。

最近は恋愛に対して消極的な男性も増えてきていますね。ただ恋人が出来る人の告白人数を知ると、考え方も変わってくるでしょう。

そしてネットでの出会いも恋人を作りたいと思っている男性には知っておきたいこと。

勇気が湧く2つのデータをご紹介しましょう!

恋人がいる男性はたくさん告白している?

まず1つ目の情報が告白人数。

恋愛や婚活の実態調査を行っているブライダル総研によると、恋人がいる男性がこれまでに告白した平均人数は3.2人ということがわかりました。

一方、恋人がおらず今まで一度も異性と付き合ったことがない男性の平均告白回数は0.5人。「数打ちゃ当たる」といってはちょっと言葉が悪いですが、やはり告白回数に比例して恋人ができる可能性が高まるのは事実といえます。

特に恋人ができたことがない人は、2人のうち1人は「全く告白したことがない」というデータになっていますから、恋人ができないのも必然と言えば必然ですね。

「男は待っているだけでは恋人ができない」という裏付けになっています。

ネットでの出会いは可能か?

消極的な男性にとって、ネットでの出会いは魅力的です。近年はネットやSNSを通じての異性間やり取りも増えてきています。「ここなら出会いの場がありそう」と思う人もいるでしょう。

しかしどうしてもネットやSNSでの出会いは過去のトラブルなどがあり、ネガティブな印象が残っているのも事実。それゆえ仮にネット上で異性と知り合っても、会うまでには至らないというケースももちろんあります。

例えばすぐに連絡先を聞いたり、会うことを強要するような対応は相手の女性に対し、不安感を煽ってしまいます。しかし、ゆっくりと時間をかけて日々連絡を取り合っていれば、次第に女性の気持ちも警戒心が解け、会っても良いかなという気持ちが出てきます。

昔と違い、ネットはオープンな環境になってきて様々な人が利用していますから、女性にとって「危ない人ばかりが利用しているわけではない」という認識を持っています。
ガツガツしないでじっくりと心の距離を縮めていきましょう!

警戒心が解ければ会う人も多い?

そして2つ目に紹介する情報は、「女性が男性とネット上で知り合って実際に会っている人の割合」です。

まず東京大学と日本電信電話株式会社NTTセキュアプラットフォーム研究所が共同で研究したインターネット上の交流に関するデータを紹介しましょう。その研究では女性を対象にネットでの異性間交流に関する調査が発表されています。

調査した内容は簡単に言えば、「ネット上で異性と知り合った人の割合」、そして「実際に会った人の割合」を示すものです。

データでは下記のようになっています。

ネット上で知り合った経験がある割合

  • 高校生:58.1%
  • 短大専門生:56.0%
  • 大学大学院生:41.9%
  • 非正規社員:48.6%
  • 正規社員:43.3%
  • 無職:53.7%

上記のように、もはやネットで異性と知り合うことは世代によっては、「半分以上の割合で経験済み」ということが明らかになっています。

ネット上で知り合い実際に会った割合

  • 高校生:23.4%
  • 短大専門生:25.5%
  • 大学の大学院生:14.1%
  • 非正規社員:28.2%
  • 正規社員:26.4%
  • 無職:29.5%

ネット上で知り合って実際に会う割合となると、やはり減りますがそれでも4人に1人ぐらいの割合で実際に会ったと回答しています。ただネットで異性交流している女性に限定すると、だいたい2人に1人が実際に会っている状況。

このデータからもネットで異性と会うこと自体に抵抗感を示さない女性が増えてきていると言えます。

出会いを求めるには、とにかく確率を上げること!

ここまで「恋人ができる人の告白人数」と「ネットで異性と出会った割合」を紹介してきました。
あくまでも確率なので、「たくさん告白しているのに恋人ができない」という人もいれば、「ネットで異性と交流しているのに全く会うことができない」という人もいるでしょう。

ただ結局は確率を高めるためには、とにかく実行すること!

「テストで良い点を取るためには勉強する」

「宝くじで大金を当てるために買う」

全ての物事は確率を高めるために「行動を起こすことが必要不可欠」というわけです。もし恋人がなかなかできなくて困っている人は、「身近に気になる人がいたら思い切って告白してみる!」、「ネットで気になる異性がいたら誘ってみる」など行動を起こすことが必要です。

その裏返しとして「断られたり、フラれたらどうしよう」という気持ちが働く人が多いですが、100発100中の人なんていませんからね。そう考えると、むしろダメもとぐらいな気持ちで望んだ方が良いでしょう。

以上、男性が恋人を作るときに知っておきたい2つの情報をご紹介しました。恋人ができる人はたくさん告白していること、ネットで男性に会う事に対し抵抗感がない女性もたくさんいる、という2つのことを中心に紹介しました。ネットで出会いを探し、段階を経て実際に会うことを提案してみてはいかがでしょうか。