出会い系でうまくアポイントまで持っていく2つの工夫

出会い系というのはたくさんの女性の中から自分を選んでもらうという、競争なんですね。なので自然体のままで、なんてことを言っているとすぐに素敵な他の男性に女性の心は奪われてしまうんです。

逆に女性の心を奪い、連絡を頻繁に取り合うようになれば、デートまでは一気に可能性が高くなります。今日はそのための工夫を2つ解説していきましょう。

プロフ写真は自撮りNG

いきなり意外な話かもしれません。普通は自撮りを数枚繰り返して一番イケてると思うものをアップしますよね。カッコいい、老けてない、自分の悪いところが隠れてるやつを一生懸命フラッシュでとばして作り上げます。さあ、果たして女性はそれを見てカッコいいと思うでしょうか。

実はおそらくNOなんです。

以前出会い系で出会った女の子に、なぜ自分を選んでくれたのかを聞いたことがあります、その時の答えは意外なものでした。

「写真が自然だった」

そう、私はその時、自画撮りが面倒臭くて、友達とはしゃいでる時の画像を切り取ってアップしていたんです。その時気がつきました。自画撮りはわざとらしいと。

そう思い、冷静に他の男性の写真を見てみると、なんか変です。考えてみてください。本来なら、写真て、他の人にとってもらいますよね。その方が自然だし、他人モードな表情になっている。それに比べて自画撮りは自意識のかたまりモードな表情です。到底他人に見せる表情ではありません。なので、怪しい雰囲気になってしまうのです。そうなるよりむしろ、プロフ画像には自然体の他人撮りを載せることをオススメします。

事実こうしてから、メールの返信率が見違えて上がりましたので、試してみてはいかがでしょうか。

自己紹介はエサをまけ

だいたい出会い系というのは男性のプロフを見て女性から寄ってくるということは少なくて、女性の掲示板にダイレクトなメッセージを男から送るというのが100%ですよね。なので効果的なメールを送らなければなりません。効果的な=返信が返って来やすいということです。

そのためにはメールの中には女の子が食いつきそうな単語を散りばめておきます。

例えばある女の子が、趣味のキーワードにペット、語学、と書いてありました。するとすかさず、メールをするときに、「初めまして、犬好きの⚪︎⚪︎です。ペット好きだと書いてあったのでメールしてみました、ちなみに趣味はフランス語です。」などと送るんです。文例中には相手に合わせた、二つのエサ=犬、フランス語、が入っているので、どちらかに食いついてくれればOKです。実際この時は、フランス語の方に食いついてきて、後日会うことができたんです。

出会い系は始め、顔も写メしか見えなければ素性も分かりづらく、共通点を探すのは一苦労ですよね。なのでエサをまいておくことが重要になってきます。と言っても簡単です。彼女のプロフを見て、自分で広げられそうなものを記入して、ファーストメールを送るだけ。

これを複数の女性に大量投下してください。いきなり成功は難しくても10件打てば2件くらいはアポまでいく期待はあるんです。

終わりに

いかがでしたか。このエサメール+自然体なプロフ写真で女性の心理的なハードルはグッと下がります。写真の安心感+自分との共通点を見つけたからなんですね。このような心理作戦を利用して、これからの季節、どんどん出会いを探してくださいね。応援していますよ!

一度は試してみたい。出会い系サイトで成功率を高める人とは違う方法

最近は特にスマホの影響から、出会い系サイトを気軽に利用している女性が増えました。

しかし、そんな多くの女性が登録しているハズなのに、会う事も出来ずに時間やお金ばかりが失われていく人が多いのも事実です。なかなか会う事ができない人がいるということは、間違った出会い系サイトの利用方法を多くの男性がしているということ。

間違った方法を利用しているライバルがいるからこそ、人とは違う方法を試してみるのが一番です。

新規登録者を狙う

出会い系サイトを利用している女性には、男性からは想像もつかないほど大量のメールが来ています。

そんな大量のメールの中から、ライバルに打ち勝つ人なんてのはほんの一握り。

しかし、それにはある程度の時間とお金がかかります。

どうせ会うなら要領よく確実に出会うのが一番!

それならば最初からライバルの少ない『新規登録した女性』を狙ってみましょう。『新規登録した女性』の多くが、今ちょっと寂しい・今すぐ誰かと話したいなどの理由で登録しています。だからこそ、女性の気持ちが高ぶっている時こそが一番の狙い目なのです。

誠実な男性を演出

女性が出会い系サイトを利用する事が嫌になってくる一番の理由が『体の関係目的』の人が多い事。

もちろんどんな男性でも最終的には……なんですが。

女性の場合は違います。そういった身体目的ではない、誠実な男性と知り合いたいのです。しかし、メールの最初から全面的にそういったオーラを出してくる男性が非常に多いのが出会い系サイト。

いくら会いたいと思っている女性が沢山いても、出会い系サイト自体を辞めてしまう場合も。そういった中で、誠実な男性というのは特に目立ちます。まずは選んでもらうきっかけとして、誠実な印象を残しましょう。

これだけでも会う確率が増えてくるのです。

夜の時間帯は避ける

真面目な出会いを求めている女性にとって、夜の時間帯は非常に警戒されます。

もし貴方が夜にしか都合がつかない場合でも、まずは昼の時間帯を提案してみましょう。女性は特にランチが好きなので、気軽にできるランチでのお誘いは特に会う確率が上がります。

それにランチは女性にとっては、聞き慣れた言葉でもあるので、この言葉ひとつで『この人は身体目当てではない』と女性は安心します。

もし夜にどうしても会いたい人は、まずはお昼のお誘い。その後に仕事の都合などの理由で、夜の時間帯に変更してみましょう。

この時にフォローや安心させる言葉を忘れずに。

出会い系サイトは女性の方が優位だからこそ気をつけるべきポイント

出会い系サイトは女性の方が優位だからこそ気をつけるべきポイント出会い系サイトでは、基本的に男性よりも女性の方が立場が上です。

これは、ほとんど全ての出会い系サイトにおいて女性よりも男性の方が圧倒的にユーザー数が多いからです。そのため、出会い系サイトで好みの女性と簡単に出会うというのは簡単なことでありません。何しろ女性は放っておいても毎日山のように男性からのメールが届くのですから。

つまり、出会い系サイトは登録して放っておいたら簡単に女性と出会いが得られる場ではなく、自分から売り込んでいかないと出会いを得られないものである、ということを最初に肝に銘じておく必要があります。

それでは、他の男性と差をつけるポイントはどこにあるのでしょうか?

ここでは、そのヒントを挙げていきたいと思います。

自分の顔が写った写真を載せる

出会い系サイトという不特定多数の人がサイトに入れる環境で、自分の顔を晒すというのは強い抵抗感があると思います。

しかし、自分の顔写真を載せないより載せる方が圧倒的にメールの返信率は高まります。

逆に、あなたがサイトで自分好みの女性を探す時はどうでしょうか? デフォルトの画像の人よりも、写真が掲載された人の方に興味が湧くのが当然なことかと思います。
女性の場合もそれは同じです。

でも、知り合いに万が一見つけられたら困る……という場合は、顔写真の口元や目元を隠したり画像処理するなどして見えなくすると、特定されにくくなるのでオススメです。
メールをして、「この人と仲良くなりたいな」と思った人にだけ、隠していない写真を送ればOKです。

容姿のコンプレックスを克服しよう!

もし、容姿に自信がないから写真を写したくない…という人でも、写真は掲載するべきです。

自分のコンプレックスを気にするよりも、それを克服しよう、こんな自分を認めない女性の方がおかしい! ぐらいに居直るぐらいの心持ちの方が、出会い系サイトで出会いを本気で求める場合大切です。ただし、「こんな俺を認めない女性はNG!」などのように突っぱねる言い回しをしては相手の気持ちも萎えてしまいますので、「こんな自分でも認めてくれる人だと嬉しいです」のようにやんわりとした表現の方が、女性には喜ばれます。

女性優位だからといっても変に気を使い過ぎない

出会いたい女性の妥協点は広めにとっておくべきですが、会えるなら誰でもOK! という風にはしない方がいいです。それは、例えば、タバコのにおいはどうしてもダメだからタバコを吸わない女性の方がいい、というときはその点をぶらさない方がいいです。たとえ、一度会うことに成功しても、何度も会えば妥協できないポイントは嫌でも目についてしまいます。そうなると、気持ちは離れやすくなってしまい、お互いにとってマイナスにしかなりません。

容姿・会う地域・年齢・職業・飲酒・喫煙・バツ有りかなしか・子供はいるのかいないのか・相手の好みは自分の年齢に合致しているのか、などが主なチェックポイントです。

この中でどこは譲れないのか、ここはどちらでもOKなど、ポイントをきちんと定めて会う相手を探すのが、失敗しない出会いのコツです。

「ひょっとしたら僕のこと好きかもしれない?」勘違いしているかもしれない女性の行動

女性と一緒にいると、「もしかして、俺のこと好きなのかも」と思ってしまうタイミングありませんか? 断言しましょう。出会って間もない場合、十中八九あなたの勘違いです。女性は男性と違って、一目惚れはほとんどありません。なぜなら、女性は、その生態学的性質により、なによりも安全を重視するからです。

知り合ってじわじわと恋愛感情が育っていくのです。

勘違いした男性の態度に女性はドン引きです。そうならないためにも、勘違いしやすい女性の行動を覚えておきましょう。そしてそれに対応するテクニックも紹介します。

メールにハートマークが……!

メールにハートマークがついたからといって勘違いしていたら、世の中愛人だらけになってしまいます。女子は誰にでも絵文字もハートマークも使うもの。いちいち気にしていたら身が持ちませんよ。
自分も絵文字で返すくらいの余裕が欲しいですね。

いきなり呼び捨て(あだ名)になった

ニックネームで呼んでくれたりするのは彼女なりのコミュニケーションの取り方であり、あなたと仲良くなろうという意思表示ではあります。しかし、それ以上の「好き」「付き合って」という感情は含まれていません。ただし、名前を呼ぶのは仲良くなるためには重要なポイントです。名前を呼ぶことで親近感が生まれ、関係性はグッと親密なものとなるでしょう。

彼女から会おうと誘ってきた

それはラッキーですね。彼女の方から言いだしてくれたら、会いやすくなります。まだ会ってみないことには展開はわかりません。ここはがっつかずに、慎重にスケジュールを調整するふりをすることで、「私のためにわざわざスケジュールを空けてくれる」感を演出することができます。

自分に合わせてくれる

デートの場所を決める際、「どこへ行く?」に対して「あなたの好きなところで」と返されたり、彼女に「どんな髪型が好き?」と聞かれ、「ショートかな」と答えたところ、「じゃあ次は短くしようかな」と言ったというような、女性の思わせぶりなやりとりがあります。しかし、残念ながらこれらはリップサービスです。前者のデート場所については、自分で決めるのが面倒なだけ。後者の髪型についてはただの世間話の一環です。彼女の話題に乗っかって、さらに話を盛り上げることができればトーク上手と言えるかもしれませんね。

ボディタッチが多いかもしれない

「ボディタッチが多くなったら好意を持っている証拠」と煽り立てる恋愛マニュアルもありますが、出会ってすぐのボディタッチは、生理的に受け付けないわけではないというだけで、好意の裏返しでもなんでもありません。単にボディタッチが癖になっている女性だというだけのことです。なお、男性の側から不用意に触ると嫌われる可能性もあるのでご注意を。

複数の女性を同時に狙うことで恋愛の成功率は格段に上がる

複数の女性を同時に狙うことで恋愛の成功率は格段に上がる恋愛に一途な男はその昔から美談的に語られてきました。彼女にまっすぐに想いを伝え、フラれても潔い。しかしこれはメディアと女性が作り出した幻想に過ぎないんです。

恋愛で本当に成功している男は決してこんなに一途でもなければ1人の女の子を数年間も愛し続けたりしません。そういうヒマがあれば、違うことに情熱を注ぐんです。モテ男のマインドと行動をのぞいてみましょう。

一途な恋愛は破綻する

恋愛に一途な場合、何が起きるか。1人にフラれた後に行く場所のない思いを抱え、人生が停滞してしまいます。最も大切なものを失ってこの先何を目標に生きていけばいいのか、さえ分からなくなることもありますよね。

それを避けることを、モテる男は心得ています。つまり常に複数を狙うということです。複数を狙うということは、1人に対する思いが弱まります。単純な割り算です。思いの総量÷狙う人数=思いの強さ。これを使うんです。

人というのは思いが強すぎると行動力が減退します。ミスしたくないから、動かなくなるんです。カワイイコを狙うのであればなおさら、力んでしまう→ラインに力みが出る→女の子はそれを感じ取る→既読無視→自己嫌悪 の悪循環です。例えデートにありついてもこういうマインドであれば重苦しくて楽しめないんです。

複数狙いは男性の恋愛における原理原則

「男性の」としました。複数狙いは男性の恋愛については必須事項です。男は脳の構造上一度に一つのことしか考えられないようにできています。何かと力が入りがちです。仕事ならそれでいいかもしれません。頑張るのが美徳だからです。でも恋愛はそうはいきません。

例えば二人に同時にデートのお誘いをラインするとします。この場合、一方から返ってこなくてももう一方から返ってくれば心はラクです。例え両方から返ってこないとしても、1人に対する気持ちの重さは半分なので、それぞれに対する行動力は保たれるんです。

つまり、無視されてももう一度メールをすることができる。失敗への恐れも半分だからです。このように思い切って行動することが、女性側から見ても好印象を与えます。ちなみに女性が男に対して「一途でいてほしい」と思っているかというとそれはウソです。本音では重い男はNGですよ。重さを徹底的に排除するのが恋愛攻略のコツ。でも本能的に重くなってしまうのが男ですから、複数狙いで分散するわけです。

カワイイコを狙うなら5人くらいを同時に狙う

特にカワイイコ(ハードルが高いと感じるコ)を狙う場合はとかく重くなりがちなので、2人ではなく5人同時に連絡をとります。繰り返しますが、恋愛における一番の天敵は失敗を恐れる心です。例え本命と違うコとうまくいったとしてもそれを足がかりに次のカワイイコを狙えばいいんです。次はすでにキープできているのでもっとハードルが下がります。こうして点と線の恋愛を面に変える、面で攻める恋愛なんです。

いかがでしたか? 複数狙いは実は恋愛にとどまることではなく、就職活動でも当たり前ですよね。数十社に面接を受けるけど、常に「本命です」とうそぶく。恋愛にもこのマインドで臨むことで幸せな未来が開けるんです。

モテる男が無意識に使いこなしている3つの会話テクニック

「女性との会話が続かない、弾まない……」と悩んでいませんか?

しかし、無言のまま恋愛ができるわけありませんよね?

会話が続かなければ、たとえ付き合えても、すぐ別れが来ます。つまり、女性にモテて、恋愛関係が続くかどうかは「会話テクニック」にかかってるんです。

しかし、安心してください。

「話す内容」と「コツ」さえ抑えれば、誰でも簡単に女性を落とす会話テクニックをマスターすることができます。実は、モテる男性はこのテクニックを使いこなしているだけのこと。

そこで今回は、モテる男が無意識に使いこなしている3つの会話テクニックをご紹介します。

これをマスターすれば、たとえあなたに興味のない女性ですらも、あなたに恋愛感情を抱きはじめます。

女性の愚痴、悩み、相談を聞き出す

女性があなたに心を開き、恋愛感情をもつために、一番効果のあるテクニックは、「女性の愚痴、悩み、相談を聞き出すこと」です。

そして、共感したり、褒めてあげたりすれば、女性は勝手に「私にはこの人が必要……」と思いはじめ、あなたを求めるようになります。

なぜなら、愚痴、悩み、相談を聞き出すことで、女性の中で次のような感情・思考の変化がおこるからです。

  1. 愚痴、悩み、相談を聞いてもらう
  2. 「うん、うん、そうだよね。わかるなぁ」と共感されたり、「うん、うん、〇〇ちゃん頑張ったね。すごいよ」と褒めてもらう
  3. 自分を受け入れ、認めてもらえたと感じ、悩んでいたときのネガティブな感情がポジティブな感情に変わる

その結果、あなたをよき理解者と認識し「わたしにはこの人が必要……」と思うようになるのです。

女性を褒める

女性はとにかく褒められることに弱いんです。

「褒めること」はモテるための必須スキルといっても過言ではありません。なんとしてでも褒めるところを探してください。

といっても、ただ褒めればいいわけではありません。女性が褒められると喜ぶポイントをご紹介します。

まずはファッション、アクセサリー、髪型、メイクなどの「外見」を褒めましょう。女性はファッションへのこだわりが男性より強いため、褒めると効果が高いです。

また、アクセサリーなどを褒められると、つけ外しするごとに、あなたを思い出す刷りこみ効果も期待できます。

次に、性格、スキル、相手の得意分野などの内面を褒めてあげましょう。とくに、美人やプライドの高い女性は内面を褒めると効果的です。

また、褒めるときは「すごいね」「すばらしいね」など言葉を加えると、褒め効果が一層高まります。

女性の目を見て話す

女性と会話をするとき、目を見て話すことは非常に重要です。目を見て話すのが苦手な人も多いと思いますが、視線を合わせられない人=自信のない男と、女性は無意識に思います。

それくらい、視線はモテるための重要な要素です。

しかし、ずっと見続ければいいわけではありません。

人は8秒以上見られると、威圧感や恐怖心を抱くともいわれています。では、どのようにすればいいのかというと、1.5~3秒見たら視線を左右にはずす→視線をもどし目を合わせるという動作繰り返してください。

このとき、視線をはずすのは、あなたから先にするのがポイント。なぜなら、先に視線をはずした方が、恋愛関係で「優位な立場」になることが心理学的にわかっているからです。つまり、視線のテクニックを使うだけで、知らず知らずのうちに、あなたが「追われる立場」になるのです。