常識的な人ほど、人見知りをしてしまいます

uploaded

 

上記の画像をご覧ください。とあるWebサイトで「あなたは人見知りですか?」というアンケートをとった時の結果です。実に4人に3人が人見知りです、と答えている通り、人見知りをしてしまう人というのは圧倒的に多数派なのです。私は人見知りなんてしませんよ!なんて堂々と言える人なんてのはかなりの少数派なわけですね。というのも、初対面で緊張してしまうというのはごくごく当たり前なことなんです。

 

相手のことをよく知らないし、相手も自分のことをよく知らない、そんな人と1:1の状況に置かれた時にまず生き物の本能として「警戒」をします。この人はどんな人なんだろう?悪い人なのか?それとも良い人なのか?そんな風に身構えて、探っている状況を「人見知りする」と呼んでいるだけなんです。

 

そもそもの話として、初対面の人との会話がぎこちなくなってしまうのは当然のことです。それは相手との距離感をしっかり測れる常識人ほど、そうなります。たまにいますよね、空気が読めない人って。いきなり馴れ馴れしく話しかけてきたり、まだそんな親しくもないのにキツめの冗談をいってきたり。そういう人が「自分は人見知りをしない」と言っているのかもしれません。

 

もちろん、そんな人ばかりではありません。ちゃんと相手との距離を測った上でどうにかして縮めようとして話題を振ってくれたり気遣いをしてくれたりといった人もいます。そういう人たちこそ、真の人見知りをしない人といえるでしょう。こういった人たちというのはほんとうに少ないんです。

 

人見知りをしてしまうのは特別なことでもなんでもなく、よくあることなんです。10人集まったとしたらそのうち7~8人が人見知りなんです。なんなら10人全員が人見知りだってなんらおかしくありません。そう思うことで、少しは気が楽になってきませんか?

 

人見知りの正体は「緊張」にあります。なので大事なのは気を楽にして「リラックス」をすること。あなたが人見知りを発揮してしまいガチガチになっているとき、実は対面している相手も同じ気持ちになっているのかもしれないのですから。

人見知りこそ出会い系を利用すべき4つの理由

df5022020d72e79ade7afe478bf10834-604x270

 

人見知りの自覚があるけど、出会いがほしい。でも出会いを探すためには初対面の人と話さなければならない。人見知りな自分が初対面の人と話しても盛り上がらないから、嫌われてしまって出会いが見つからない……。そんな負のスパイラルに陥ってしまっている人見知りのかたも多いと思います。

 

でも、私は思うんです。人見知りだからこそ、出会い系を利用すべきだと。

 

私もかつては人見知りだったのでよくわかるのですが、人見知りを治せるものなら治したいけど……そもそも人見知りって克服できるものなの?と。自分が人見知りじゃなくなって、初対面の人でも堂々と気さくに話している自分が想像できなさすぎて、実感がわかないんですよね。きっと治すにしても血を吐くような努力を重ねないといけないんじゃないか、そこまでして治さないといけないものでもないかもしれない、別に今は出会いがなくてもいつか転がってくるかもしれないし……。まあ、無理しないでもいっか!と。思っていませんか?

 

無理しないでもいい、という部分については私も同じ考えです。無理をする必要はありません。というよりも、無理なんかしなくても簡単に人見知りは改善できます。人見知りするという性格自体は治すことは出来ませんが、初対面の人でもそつなく話せるという「技術」が身につくようになるんです。そしてその技術がついたことにより「自信」が自分につくようになります。この技術と自信が合わさった時、人見知りだった自分は完全に過去のものになります。

 

その技術と自信を身につけるのにベストなものが出会い系なんです。実はもっとベストなものをいえば、路上ナンパなのですが、これはさすがにハードルが高すぎますよね。人見知りの人に今からナンパしてこいなんてのは崖から飛び降りてこいというようなものですから。でも、出会い系であれば簡単かつ気軽に始められますよね。なにせメールアドレスひとつあればいいんです。それこそ、今すぐ始められる上に完全無料で利用できます。

 

ではなぜ出会い系が人見知り改善に最適なのか?その理由をあげてみたいと思います。

 

その1.メールのやり取りなら顔を合わさずに済む

 

人見知りの人がもっとも嫌がるのは顔と顔を合わせて、なおかつ二人っきりの状況です。別に相手はプレッシャーをかけているわけではないのに、こっちが勝手にそう感じてしまうんですよね。なにか話さなきゃ!楽しませなきゃ!嫌われないようにしなきゃ!といった強迫観念が次々と襲ってきてしまい、相手の顔をみるどころか自分がなにを話せばいいのかすらわからなくなってしまう、軽いパニック障害のような状況に陥ることもあります。

 

しかし、同じ初対面でもメールならどうでしょうか。メールというのは自分の好きなタイミングで読めますし、返事を出すことが出来ます。このすべてを自分のペースで管理できるというのはとても安心できるんですよね。じっくり考える時間もありますし、なにか変なことを書いてしまったなと思えば文字を消してまた別の表現なり話題なりに切り替えることができます。常に自分の考えぬいた最高の会話を行うことが出来るんです。

 

顔を合わせた状況では同じ時間と空間を共有していますので、自分の好き勝手には出来ませんし相手の好き勝手なペースに巻き込まれるのも気持ちがいいものではありません。会話というものはよくキャッチボールに例えられます。相手が上手くキャッチできそうなボールを投げる技術と、相手の投げてきたボールをしっかりキャッチできる技術。その両方が必要なんですね。

 

人見知りな人は会話が下手なわけではありません。気心の知れた人相手でしたら、なんの問題もなく楽しい会話が出来るのですから。ただ、初対面だと緊張してしまい、ちょっとズレたボールを投げてしまったり、相手の簡単なボールをキャッチしそこねたり、そもそも腕が上がらずにボールを投げられなかったりと……。そんな精神面からプレッシャーを受けて普段通りに出来ないだけなんですね。

 

でも、メールなら自分の好きなペースとタイミングでリラックスして行うことが出来ます。つまり、普段通りの自分を相手に見せられるわけですね。初対面で緊張してしまって第一印象が最悪になってしまった……なんて失敗が起こりえないわけです。

 

その2.相手に自分が人見知りなことを事前に伝えることが出来る

 

人見知りである、というのはある意味免罪符のように使われることもあります。初対面で弾まない会話のなか、やっとひり出せた言葉が「ごめんなさい、私ってちょっと人見知りしてしまうもので……」という言葉。会話が盛り上がらないのはあなたのせいではなくて、私のせいなんです。という精一杯の気遣いであると同時に、なんとかして会話や話題をふってください……!という他力本願的な無言のヘルプでもあります。

 

もっとも、相手が人見知りでない場合はかなり有効な手段でもあります。「ああ、この人は人見知りだったんだ」と認識してもらうことでこっちの気持ちも多少は楽になりますし、気を使っていろいろ話題を振ってくれる人もいます。相手に負担をかけてしまうことにもなりますが、自分が人見知りであることを知ってもらうことでこちらも緊張が少しゆるまり、ちょっとずつではあるものの会話が弾んでくるケースというのもありますよね。

 

これから会うことになる人に事前に人見知りであることを伝えておくのは、そういった精神面でのリラックスができる手助けになります。それを知らない人と会わなければいけない時はどうしても緊張してしまいますし、その緊張が緊張を呼ぶ悪循環になりがちです。しかし、相手が事前に知っていればそれがまったく逆の作用になる好循環になるわけです。

 

その3.フラれる経験を傷つかずにたくさんできる

 

異性にフラれるのはツラいです。それは男女問わず同じくらいツラいことだと思います。誰だってツラい思いをするのは嫌ですし、自分が傷つくことだってなるべくならしたくないものです。人見知りな人は特にこの傾向が強く、どうしても臆病になってしまいがちです。自分はどうせ人見知りだから上手くいかない、出会おうとしたってどうせ無駄、なんて風に最初から諦めてしまうからですね。

 

やる前から諦めてしまっていては上手くいかないのは当然なことです。人見知りで恋愛に臆病になってしまっている人は、フラれることに対して極度に怖がります。自分で自分を否定してはいるものの、他人から自分を改めて否定されることが嫌なわけです。フラれるのを恐れて行動しないのであれば、いつまでたっても出会いなんてあるわけがないんです。

 

魚が欲しいけど、エサだけもっていかれたり途中でバラしてしまうのが怖いから、といって釣り自体を始めない人がいたらどう思うでしょうか?いや、そんなの当たり前でしょ。百発百中で釣れる人なんていないし、失敗を重ねたあとに成功があるんだよ、と。失敗は成功の母とも言います。成功するためにはどれだけ失敗したかが大事になってくるんです。

 

その失敗体験を気軽に、しかも傷つかずに積むことが出来るのが出会い系です。出会い系を利用していく以上、何度もフラれることになります。ごめんなさいのメールをくれる人もいれば、返事がぱったりこなくなる人もいますし、突然無視リストにぶち込むような人もいます。

 

最初こそ「なんでフラれたんだろう!?私のどこがいけなかったの!?」と気になり後悔したりするものですが、そのうちどうでも良くなります。なぜなら自分も大したことはない理由でフッたり、なんか面倒くさくなったからという実に身勝手でどうでもいい理由で返事をしなくなったりするのです。お互い様、というやつですね。

 

やっていくうちにどんどん面の皮が厚くなっていくのがわかりますし、今までどれだけ気にしすぎていたんだろう、と馬鹿らしくもなってきます。人から否定されても動じなくなる、というメンタルは出会い系では必須の技能といえるでしょう。

 

その4.自分のペースで相手との距離をつめることが出来る

 

人見知りというのは言い方を変えれば「相手のことを考えすぎて気を使いすぎてしまう人」といえます。なぜそうなってしまうかといえば、相手との関係に距離をまだ感じているからなんですね。それも相当な距離を。普段の友達のように話せたら楽だけど、どうしてもそれができない。そんな真面目で礼儀正しい人ほど人見知りになりがちです。

 

いきなりお見合いのようなぎこちなさで「ご趣味はなんですか?」と切り出すのも堅苦しくて変な話ですからね。でも、同じ初対面でもメールであればそれが普通なんです。まずは敬語で堅苦しい口調から始まり、だんだんと口調がほぐれて親しみを感じるようになる。そもそも何も知らない会ったばかり同士で気さくに話し合えというのが無理な話なんです。一般常識を兼ね備えている人であれば、そんなことはいきなりできるものではありません。

 

なのでそういった相手のことを聞き出す堅苦しい会話はあらかじめメールですませておけばいいんです。そしてお互いにだんだんと親しみを感じてきた頃合いで、一度会ってみませんか?と誘ってみればいいんです。そんな段階であれば、ある程度は相手のことをわかっていますし、相手だって自分のことをわかってくれているはずです。

 

初対面で緊張してしまいうまく話せなくても、これまでメールでは楽しく会話出来ていたという実績がありますので、いきなり嫌われたり自信をなくしたりすることもありません。それに相手の趣味や好きなことをいくつか聞き出しておけば、あらかじめ何を話そうかという準備をすることも出来ます。この話題のストックがあるというだけですごく安心できるんですよね。

 

人見知りの人が最も恐れるのは「沈黙」です。その沈黙がおとずれそうになったとき、このストックを順に放出していけばいいだけなんです。いまならスマホのメモ機能なんかに書いておけば忘れることもないですよね。時間やメールチェックをするフリをして、そのメモ帳を確認すればいいだけです。

 

その5.初対面の人と会うというケースを何度も経験することができる

 

知らない人ともいきなり気さくに話せる人というのは、そういう特殊技能を持った人なんです。ごくまれに天性的な感覚でそれをこなしてしまう人がいますが、そんな人は例外中の例外であり、多くの人は場数を踏んで自分を鍛えてきた人なんで す。つまり、いま現在において人見知りの人だって技能を身につけることで人見知りから脱却できるわけです。

 

はじめは誰だって緊張します。今でも覚えていますが、私が初めて出会い系で会ったときというのは、それはもうズタボロでした。私なりにいろいろと話題などを考えていったり、色んな場面を想定してそれの対策を考えていたりもしましたが……。いざ初対面の場を迎えてみると、頭が真っ白になってしまってその準備はすべて水の泡。どこかへ吹き飛んでしまい、結局自分からはほとんど話せずじまい。100点満点でいえば2点くらいの出来でした。

 

しかし、そんな最悪のスタートをきったことはある意味では幸運でした。なにより、これ以上ひどいものはないだろう、という自信のような、やけっぱちのような気持ちがわいてきたからです。当然ながらその初めての人とはうまくいくことはありませんでしたが、たいして好みの女性でもなかったこともあり、気持ちの切り替えがスムーズに出来ました(笑)

 

なので本当にガチガチに緊張してしまうような重度の人見知りの人は、まったく好みじゃなくてフラれても痛くない人で「練習」するのもアリでしょう。大変に失礼な話ではありますが、すごく効果的でもあります。

 

こうして何度も初対面の場数を踏むことによって、いやでも慣れてきますし緊張なんてしなくなります。話題がつきたときは「いつものアレ」を話題にだそう、といった定番ネタが出来てきますし、こういうことを聞けば女性は喜ぶぞ、といった経験からくる知識も豊富になってきます。そしていつしか普通にこなしてく自分に自信をもつようになるんです。

 

つまり、初対面の人にはこうすればいい、というテンプレート(お約束・定石)が出来上がるわけです。あとは初対面のたびにそのテンプレートをこなすだけ。いまの接客業のレジ打ち対応などは、マニュアルが完全に決まっており上から順に覚えていくだけで対応ができるようになるそうですが、これも似たようなものですね。

 

毎回同じことをすればいい、というのはまさにその「技能」にあたるわけですね。厳密に言えば人見知りという性格自体に変化はありませんが、初対面の人に対する対処法というスキルは非常に高くなります。

 

初対面の人と出会って話す機会、をもっとも手軽に多くこなせるのは出会い系か路上ナンパ以外にあり得ません。路上ナンパが出来る勇気がある人であればそっちのほうが手っ取り早いですが、このブログを見ているような人たちは人見知りの人だけでしょうから(笑)まずは出会い系から始めることをオススメします。

やっぱり人との出会いは多いほうが楽しい!

tumblr_lf9i4os6rU1qba9pfo1_500

 

まず、人見知りは悪いことでも欠点でもありません。ただ、ひとよりも初対面の人に対して緊張してしまう。それだけのことなんです。むしろそれって当たり前のことだと思いませんか?見ず知らずの人に対して緊張したり気を使いすぎてしまうのは、まともな神経であればそうなってしまうのは自然なことです。

 

たまに初対面でもいきなり気さくに話しかけていける人がいますが、あれは計算したうえで技能としてあえてそうしているケースもありますし、天然で計算なしでナチュラルにやってのける人もいます。前者であれば見習いたいものですが、後者のような人になりたいかといえば……あまりなりたくないですよね(笑)

 

そういう人というのは、人の気持ちをあまり考えられずに自分が第一のひとりよがりな人が多いです。だからこそ、相手の気持も考えずにズケズケと常に自分のペースで我が道を行ける人なんですね。その図太さはうらやましくもありますが……どちらかといえば、迷惑をかける事のほうが多いでしょう。

 

人見知りではなく、思慮深くて真面目すぎるだけ

つまり、人見知りをしてしまう人というのは「相手の気持を考えすぎてしまう」人なんですね。こんな話をしても相手にとってはつまらないかもしれない、あんなことを聞きたいけどもしかしたら聞かれたくないことなのかもしれない、といろいろと思慮深くなりすぎてしまった結果、話題を切り出せずに沈黙してしまい、さらにその「沈黙が続いてしまっている」という状況にプレッシャーを感じてしまい、ますます縮こまってしまう……それが人見知りな人の悪循環としてよくあるパターンです。

 

飲み会や合コンなどでも、真ん中の目立つ席よりもついつい端っこの方に移動してしまい、ひっそりと佇んでしまう。飲み会の空気がどうしても苦手。なんでみんな、あまりよく知らない人とそんなに盛り上がれるの??と一歩引いたところから冷めた目で見てしまい、盛り上がりの輪に入りきれないでいる。そんなケースもよくあることです。

 

初対面の人との1:1の会話が盛り上がらない、大人数での飲み会でも知らない人と一緒に盛り上がることが出来ない、そんな状況では新たな出会いが生まれないのも致し方のないことです。そして「自分は人見知りだから出会いを探すのに向いてない」と塞ぎこむことによって、ますます出会いが広がらなくなってしまうんですね。

 

人見知り自体は悪いことではありませんが、人見知りを理由に出会いを諦めてしまうのは悪いことです。なぜなら、人見知りだって出会い系であればいくらでも出会うことが出来るのですから。

 

ネガティブな思考は出会いを遠ざける

出会いを探すにあたって、人見知りを克服したり治したりする必要は全くありません。あなたは人見知りのままでいいんです。そのままで出会いを探すことができます。ここが一番勘違いされているポイントだと思います。「人見知り=出会いがない」というのは大きな間違いであって「人見知りな自分に自信がなく、新しい出会いを探す前にやめてしまう」ことによって、出会いがないだけなんです。

 

ネガティブな人と、ポジティブな人。どちらにより出会いのチャンスがあるかといえば当たり前ながらポジティブな人です。これは単純に機会頻度の問題です。ネガティブな人は一度チャンスを逃してしまうと、なぜダメだったのか・どうすればよかったのか、と過去にとらわれてしまいなかなか前に進めなくなってしまいます。その分、反省なり予習なりをすることで少ないチャンスを活かす方向に力を入れるようになります。

 

ポジティブな人であれば、ダメだったけど次がんばろう!と次々にチャンスを生み出すことにチカラを入れるわけですね。半年に1回しか訪れないチャンスを80%で拾える人と、1週間に1回チャンスがあるけど20%でしか拾えない人。どっちがよりはやくチャンスを物にできるかといえば、やっぱり何度も数をこなす人なんです。

 

わかりやすいのはナンパでしょうか。人見知りな人にとってはナンパなんて考えるだけでもおぞましいことですが、ナンパに慣れている人というのは「ナンパで断られることに慣れている人」とも言えます。いかなナンパの達人とはいえ百発百中でナンパを成功できるわけじゃないんです。ナンパの達人というのは耐えぬいて諦めない達人でもあります。

 

ナンパの達人だって最初は緊張したことでしょう。女性に断られるごとに傷ついていたかもしれません。ですが、そういった段階はもうとうに過ぎているわけですね。もうフラれたってなんとも思わない。だってそれなら次にいけばいいだけ。いつかナンパに乗ってくれる女性に巡り会える。現に、これまではそれで成功してきたし、これからも成功していくはず。という自信があるからこそナンパを続けられるわけです。

 

自信というのは根拠なくわいてくるものではありません。成功した、という実体験があるからこそ自信が湧いてきますしその裏付けにもなるのです。人見知りな人は自分に自信がない人が多いです。だからこそ、出会い系で出会いを成功させたという経験が大きく生きてくるわけです。そういった成功体験があれば、人見知りを克服することだって可能です。現に私はそうして変れました。

 

むかしは知らない人と会うなんてのは苦痛でしかありませんでしたが、いまでは純粋に楽しく思えるようになれるまで変わりました。やはり、人生においての華や彩りというものは周囲にどんな人間がいるか・どんな交友関係があるかによって大きく左右されると思います。人見知りであることによって、その輪が広がるチャンスを自ら潰してしまっているのは、やはりもったいないことといえるでしょう。

 

出会い系はそんな人見知りな性格を変えていくのにうってつけの場所といえます。人見知りな性格を少しでも治したい、もっといろんな人と知り合いたいと思っているポジティブな人は、ぜひとも出会い系を始めてみてください。